南房総と鯨。

皆さん、鯨を食べたことがありますか?
現在は、商業捕鯨が制限されているために、貴重な存在になった鯨肉ですが、南房総では、鯨は誰もが食べる食材です。

特に「くじらのたれ」と呼ばれる干肉ちょっとしたおつまみに非常にポピュラーな存在です。

南房総で鯨が食べられているのは、日本にわずか5カ所しかない沿岸捕鯨基地が外房(南房総の太平洋側)和田町にあるから。南房総では、失われつつある日本の食文化がいまも守られているのです。

鯨を食べるということ。

そんな南房総でも、やはり鯨を食べるということは特別なこと。
それは、鯨が畜産物ではなく、生態系の中を強靱に生きている野生哺乳類であるということ、そして、鯨を捕るということは日本人が古代から培ってきた、食だけにとどまらない生きるための文化・知恵であり、守り続けていかなければならない誇りであるからです。

鯨捕りの男達は、刀とその体だけで海を泳ぐ鯨に飛びかかり、そして捕った鯨からは肉、骨、皮、脂、何一つ残すことなく生活の中で利用し尽くす。
昔の捕鯨はまさに自然と人間との格闘でした。そのような命と命のやりとりによって育まれた食文化と繋がることは、自然と繋がることであり、古代から連綿と続く日本文化と繋がることなのかもしれません。

この「くじらのタレ」をガジっとやってみたなら、自然の味、文化の味、生命の味、様々な味わいが伝わるはず。ぜひご賞味ください。
南房総いいもの屋が取り扱う鯨食品は、和田町の隣千倉町「ハクダイ食品」製。南房総の中でも老舗の海産加工会社で、人気の鯨料理専門店「白鯨亭」も有名です。

ハクダイ食品 鯨

くじらのたれ 半生(つち鯨・国産)

鯨の赤身を醤油や塩をベースにした「たれ」に一晩漬け込み天日で干した、言わば「鯨の干物」。房州地方の味覚の代表格です。

さっと火を通し食べやすく裂いてお召し上がり下さい。お好みにより、マヨネーズまたは醤油などを付けると、一層おいしく召し上がれます。

商品名 くじらのたれ
商品番号 0502147-001
内容量・原材料 90g(つち鯨・国産)
保存・
保存期間
冷凍保存−18℃以下/製造日から約6ヶ月、冷蔵保存は1日
生産責任者 ハクダイ食品
配送 クール便

1本 (税込・送料別)650円

鯨の刺身(赤身の乍)

鯨の肉はなんといってもお刺身がいちばん。凍結又は半凍結状態でスライスし、ショウガ又はニンニクを薬味に醤油でお召し上がりください。

商品名 鯨の刺身
商品番号 0502147-002
内容量・原材料 約150g(ひげ鯨)
保存
保存期間

冷凍保存−18℃以下/発送日から冷凍で約6ヶ月、冷蔵保存は2日間

生産責任者 ハクダイ食品
配送 クール便

1袋 (税込・送料別)1,300円

鯨ベーコン(ひげ鯨)

薄くスライスしてありますので、そのままお召し上がりください。
酢醤油やマヨネーズをつけたり、オニオンスライスやカイワレなどを巻いてもおいしく召し上がれます。

商品名 鯨ベーコン
商品番号 0502147-003
内容量・原材料 80g(ひげ鯨)
保存
保存期間

冷凍保存−18℃以下/発送日から冷凍で約6ヶ月、冷蔵保存は5日間

生産責任者 ハクダイ食品
配送 クール便

1袋 (税込・送料別)1,300円

売れ筋商品

南房総生活情報誌CLIP(クリップ)

営業日カレンダー

営業時間: 9:00~18:00(土・日・祝日を除く)。ネットでのご注文は24時間受け付けています。